EUの決断

EU 化粧品の動物実験完全禁止へ

EU域内では、既に2009年から化粧品のための動物実験を実施することが禁止されています。また、動物実験された原料を使った化粧品の取引も同時に禁止され、輸入もできなくなりました。取引については、一部の動物実験が2013年まで適用除外とされていたのですが、2013年3月11日、それらの動物実験を行ったものについても取引禁止が施行され、完全禁止を迎えることになっています。

1993年 EU    化粧品の動物実験の段階的な廃止を合意
1997年 オランダ 動物実験を規制する法律で化粧品の動物実験を禁止
1998年 ドイツ   動物保護法で化粧品の動物実験を禁止(メイク用品は1986年にすでに禁止)
      イギリス 化粧品の安全性に関する法律で化粧品の動物実験を禁止
2004年 EU域内 化粧品の最終製品のための動物実験禁止の施行
2009年 EU域内 化粧品成分も含めた動物実験禁止の施行
            動物実験をした成分を含む化粧品の取引禁止の施行(ただし、一部の試験法に例外あり)
2013年 EU域内 完全禁止が実現